こんにちは、マンション管理組合の皆様!私は、機械式駐車場問題解決のコンサルタント、高橋と申します。今回は、機械式駐車場に関する駐車場会計の区分経理化問題についてお話ししたいと思います。

機械式駐車場が抱える課題

都市部の過剰な機械式駐車場設置

マンション販売業者が過剰に機械式駐車場を設置した結果、空き区画が増え維持管理費用が大きな負担となっています。最近では、機械式駐車場を解体撤去して平面化したり、自走式へ変更する管理組合も増えてきました。

機械式駐車場の会計問題

現状では、駐車場収入が管理費会計にすべて組み入れられており、その負担が修繕積立金会計から支出されているため、収入と支出の関連性がありません。

機械式駐車場の会計問題とその影響

多くの管理組合では、駐車場収入は管理費会計に組み込まれますが、機械式駐車場のリニューアル費用は修繕積立金会計から支出されるため、収入と支出に関連性がありません。この状況が続くと、管理組合の資金繰りや予算計画が適切に行われず、機械式駐車場の維持管理や更新費用に対する対策が不十分になる可能性があります。

その結果、駐車場の劣化や機能低下が進み、住人にとって不利益が生じる恐れがあります。この問題を解決するためには、駐車場会計を区分経理化する必要があります。

まとめ

現在、駐車場の収入は管理費会計に組み込まれていますが、一方で機械式駐車場のリニューアル費の負担は修繕積立金会計から支出されているため、収入と支出には関連性がありません。この問題を解決するには、駐車場会計を区分経理化する必要があります。

区分経理化の導入に当たっては、専門家のアドバイスや支援を受けることが望ましいです。

Follow me!

投稿者プロフィール

山崎 良太
山崎 良太
こんにちは、私は山崎良太です。
大学では機械工学を専攻し、駐車場設備メーカーに入社しました。その中で、機械式駐車場に興味を持ち、駐車場設備の専門家として独立することを決意しました。
機械式駐車場の専門知識を駆使し、マンション管理組合のみなさまの設備の選定やアドバイスをおこなっています。趣味は映画鑑賞で、週末には友人と映画館に行くことが多いです。