近年、日本全国で集中豪雨が頻発し、機械式駐車場の管理組合にとって深刻な問題となっています。ゲリラ豪雨は、局地的に発生するため、事前に対策を講じることが難しく、管理組合はいつ豪雨が発生するかわからない状態で対応しなければなりません。そこで、本記事では機械式駐車場の利用者向けに、冠水リスクを軽減する「インターロック解除キー」について解説します。 きインターロック解除キーの重要性

機械式駐車場のインターロック解除キーとは

機械式駐車場には、隣接する装置が同時に作動してしまうと危険なため、インターロックという安全装置が付いています。インターロックを解除するには、インターロックキーと呼ばれる鍵が必要です。地下ピットがある機械式駐車場の場合は、地下に溜まった水を排出するための排水ポンプが設置されています。地下ピットが台風などの大雨で排水が追い付かず、満水になってしまうと車両が水没する危険がありますので、予備用の簡易排水ポンプなどがない場合は、迷わずにインターロックの解除をおこないましょう。

機械式駐車場では、隣接する装置が同時に作動すると危険を招くため、それを防止するインターロックという安全機能が搭載されています。インターロックを解除するためには、インターロックキーという特殊な鍵が必要です。地下のピットを持つ機械式駐車場では、地下にたまった水を排除する排水ポンプが設置されています。しかし、台風や豪雨により排水が間に合わず地下ピットが満水になると、車両が水没するリスクがあります。そのため、排水が間に合わないほどの雨量であれば速やかにインターロックの解除をおこないパレットを上にあげるようにします。

インターロック解除キーの重要性

機械式駐車場で車を駐車する際、パレットが上昇し車を固定するために使用されるのが「インターロック解除キー」です。万が一、駐車場が冠水した場合、このキーを使ってパレットを上昇させ、車を安全に移動することができます。

しかし、あるマンションでは住民がこのキーの存在を知らず、ゲリラ豪雨によって機械式駐車場が冠水し、多数の車両が廃車になるという事態が発生しました。このような悲劇を避けるために、利用者にはインターロック解除キーの存在と操作方法を周知することが必要です。

インターロック解除キーの保管方法

インターロック解除キーの保管方法についても注意が必要です。あまりにも保管場所が不明確だと、緊急時に必要なキーをすぐに見つけることができず、被害が拡大する可能性があります。そのため、管理組合は、インターロック解除キーの保管方法について、利用者に周知するとともに、保管場所を明確にする必要があります。

また、管理組合では土嚢や砂袋などの代用品を用意しておくことも重要です。これらの代用品を駐車場に備蓄しておくことで、緊急時に迅速に対応できるようになります。

インターロック解除キーの操作方法

インターロック解除キーの操作方法についても、利用者に周知する必要があります。操作方法については、管理組合がパンフレットやポスターを作成し、駐車場内に掲示することが有効です。また、インターロック解除キーの操作方法を動画で説明することも考えられます。

「インターロック解除キー」勉強会の実施

インターロック解除キーの操作方法について、一斉に勉強会を実施することも有効です。勉強会では、管理組合から機械式駐車場の概要やインターロック解除キーの存在や操作方法について説明し、利用者からの質問にも答えます。

勉強会の実施は、利用者に正しい知識を伝えることができるだけでなく、管理組合と利用者のコミュニケーションを促進することにもつながります。

まとめ

機械式駐車場の冠水事故は、何も対策を講じないまま放置しておくと、深刻な被害をもたらす可能性があります。利用者にはインターロック解除キーの存在と操作方法を周知し、保管方法にも注意を払うことで、万が一の事態に備えましょう。また、勉強会の実施や代用品の備蓄など、より具体的な対策を講じることも重要です。

Follow me!