機械式駐車場の車載する台は、「パレット」と呼ばれます。パレットにさびが生じたにも関わらず放置すると深刻な事故の原因となることがあります。ただ、塗装作業を行うことになっても、「塗装作業の内容は?」や「どの業者が適切か?」などの情報を集めるのは難しいですよね。本記事では機械式駐車場の塗装作業について開設します。

錆のランクと塗装工事のタイミング

機械式駐車場の使用者が最も容易に発見できる問題は「さび」です。さびは、機械式駐車場の塗装が剥がれたりすることで生じます。しかし、そのさびを無視し続けると、結果的に大規模な問題を引き起こす原因となります。

マンションの機械式駐車場のパレットにおいては主に「塗装仕上げ」と「亜鉛めっき仕上げ」があり、それぞれの耐用年数に大きな違いがあります。亜鉛メッキ仕上げの方が大幅に耐久年数が高いのが特徴です。 古いマンションでは、ほとんどが塗装仕上げで、約3年から5年でパレットの上部に錆や腐食が目立ち始めます。 3年程度ごとに塗り替えが行われるのが理想的ですが、ほとんどのケースでは錆の発生から腐食が進行する時期に塗り替えが実施されます。

どの業者に塗装を頼む?

塗装を行う業者には、「住宅やマンションの塗装を行う外壁塗装業者」と「機械式駐車場の塗装を専門とする業者」が存在します。住宅などの塗装と機械式駐車場の塗装は、手順や工程が違いますので、耐久性に大きな影響が生じることから、外壁塗装業者に機械式駐車場の塗装を依頼することはお勧めできません。適切な知識を持った機械式駐車場専門の塗装業者に依頼しましょう。

まとめ

機械式駐車場の塗装工事は、放置すると深刻な事故の原因となることがあるため、5〜7年に1回の周期で行わなくてはなりません。塗装業者には、住宅などの外壁塗装を行う業者と、機械式駐車場の塗装を専門とする業者が存在します。機械式駐車場の塗装は専門的な知識が必要とされるため、機械式駐車場専門の塗装業者に依頼することが重要です。

この記事では機械式駐車場の錆と塗装工事について説明しています。機械式駐車場の塗装は、5〜7年に1回の周期で行う必要があり、専門的な知識が必要なため、機械式駐車場専門の塗装業者に依頼することが重要です。

Follow me!