こんにちは、機械式駐車場の相談窓口です!私たちは毎月多数のお問い合わせ、ご相談、ご依頼を受けているんですよ♪今回は、マンション生活において重要な駐車場に関して、機械式駐車場の使用における注意事項と実際に起こったトラブルについてお伝えします。

マンションの機械式駐車場の概要

機械式駐車場は、マンションによくある特別な駐車設備です。一般的にはタワー式と多段式の2種類があります。タワー式はエレベーターのような機構で車を収容し、多段式は地下1階程度、地上2〜3階程度の多層駐車区画を設け、パレットと呼ばれる装置で車を収容します。機械式駐車場は、限られたスペースを最大限活用するために、特に都市部のマンションでたくさん使われています。

機械式駐車場の車両制約

機械式駐車場では、駐車できる車両のサイズが制限されています。車幅・車長オーバーの車両は駐車ができませんが、さらに車高や重量にも制限があります。古いタイプの機械式駐車場は、セダンを基準に設計されていたため、背が高い軽自動車やミニバンが入庫できないことがあります。これらの制限は、機械式駐車場を安全に運用するために設けられているため、制限を超える車両の契約は認められません。また、オプション装備や改造によって、実際の車両が制限を超える場合があります。代車や一時的な駐車の際には、車両がサイズ制限に適合していることを確認してから駐車するように注意してください!

天候による機械式駐車場の利用制限

機械式駐車場は、天候によって利用制限がかかることがあります。積雪や凍結状態が続いている場合、機械式駐車場の動作が停止する可能性があるため、利用が制限されることがあります。また、屋根や壁で覆われていない露出した駐車設備の場合、積雪によって安全装置のセンサーが遮られたり、凍結によりパレットが滑って空転することなどにより、機械式駐車場が停止するトラブルが発生しやすくなります。

まとめ

機械式駐車場の利用には、多くの人が慣れていないことがあり、共用駐車設備のためトラブルが起こることがあります。車両のサイズ制限や、ドアミラーの格納、サイドブレーキのかけ方、乗降や荷物の積み下ろしを行わないなど、正しい利用方法に注意することが重要です。さらに、天候によって利用制限があることを事前に確認しておくことも必要です。マンション生活における駐車場の利用には、住民同士が協力し、安全に使用することが求められます。素敵なマンションライフをお過ごしください。

Follow me!